美術教育専修 教育学部

大学基金
大 学
基 金
奈良教育大学基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
学部・大学院

小・中学校における児童、生徒の成長・発達を捉えた指導・支援をするとともに、造形的な力(表現力、鑑賞力)を着実に育むことのできる教員を養成します。

学びのポイント

  • 1 自らの表現力や鑑賞力を磨き、子どもの表現と鑑賞力を導く力量を培う

     学校における児童・生徒の成長・発達を捉えられるように、美術教育専修科目を核としながらも、教育学科目、心理学科目、特別支援教育科目、他教科専修科目などと関連づけて学びます。

  • 2 子どもとふれあい、地域とつながる

    (1)地元奈良の伝統文化や文化遺産に刺激を受けながら、自らの造形的な力量形成を行い、子どもの造形的な力(表現力、鑑賞力)を育成するための内容と方法を学びます。(2)教育実習、大学祭での活動「造形ひろば」、スクールサポートなどを通して、子ども とふれあう体験を積み、対応力を学びます。(3)図画工作・美術教育の学修を通して、広く現代社会の現状や課題に関心をもち、社会に貢献する姿勢を学びます

  • 3 研修行事や卒業研究/制作発表展などの活動を通して、企画力や運営力を培う

    学生が主体的に動く活動として、専修メンバー全体が参加する研修行事、学外施設での青丹彩展、卒業研究/制作発表展、地域の子どもたちに向けた大学祭での「造形ひろば」などの活動があります。これらの活動を通して、企画力や集団を動かす力を養います。

学びの領域

子どもを知り、教科内容のあり方を学ぶ3つの領域

 平面・立体・教科教育の3領域から構成されるカリキュラム。2年次までに各領域の基礎を学び、3年次以降は各自が専門領域に選んだ研究室で学びを深め、その成果を卒業論文・卒業制作にまとめます。

美術教育専修の授業スケジュール

 

  MON TUE WED THU FRI 集中講義
1・2時限   初等教科教育法(生活) 生徒指導     絵画II
3・4時限   先端科学の基礎概念 病弱児の医学と心理 教育経営行政論 外国語コミュニケーション(英語) 学習指導と学校図書館
5・6時限

教育方法論

学校経営と学校図書館   彫刻I 初等教科教育法(算数)  
7・8時限 体育実技 中等教科教育法I(美術)   西洋美術史I 工芸III  
9・10時限       美術概論 デザインIII  

2回生前期の一例(小学校、中高の美術、特別支援免許を取得予定)

  • 工芸I-IV

     土という素材の基本的な扱い方、「土の表情」の発見と応用、実用品の制作での留意点の把握、石膏型を使った陶磁器作りなどを通じて陶芸表現分野の特質や魅力を追究します。ひも作り、たたら作り、釉薬、焼き味、型からの成形などを学びます。

  • 中等教科教育法(美術)

    教材試作をふまえて受講生相手に模擬授業をして授業力を高めます。

在学生の声

「触れて感じる楽しさ・作る楽しさを伝えたい」美術教育専修4回生 三木絵乃さん 永廣千瑛子さん 前川令奈さん

本専修では、小・中高校(美術)の先生になるために、美術史や教科教育法などの理論的な授業のほか、絵画、デザイン、工芸、彫刻など様々な実技の授業を学ぶことができます。また、他教科の免許、幼稚園・特別支援学校・学芸員の資格も取得することが可能な場合があります。さらに専修独自の行事である、青丹彩(あおにさい)展や卒業・修了展覧会などの作品展、研修旅行を毎年行っています。少人数なので1回生から4回生の学部生から院生、先生方も参加し、同期・先輩・後輩と協力し親睦を深めながら活動しています。

図画工作・美術が好きな方、また美術の楽しさを子どもたちに伝えたい!という方は、ぜひ美術教育専修へ!専修一同、お待ちしています!

主な開講科目

保育内容の指導法(造形表現)/初等教科教育法(図画工作)/中等教科教育法I-IV(美術)/デザインI(映像メディア表現を含む。)/デザインII-III/デッサンI-II/彩画/絵画I-III/彫刻I-III/実材/工芸I-IV/アジアの中の日本美術史

取得できる免許状

・〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等
・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(美術) 等

卒業後の主な進路

 小学校教諭、中学校美術科、高校美術科教諭が主な進路です。その他、特別支援学校教諭、幼稚園教諭、保育士、高校や大学の講師、公務員、デザイン関連会社、工房、芸能などの場で活躍しています。

教員および専門分野

分野 職名 氏名 研究題目
美術教育専修
美術科教育 教授 宇田 秀士 美術教育の題材・授業構造、近代日本美術教育史
美術科教育 教授 竹内 晋平 図画工作・美術科授業研究、生涯学習と美術に関する研究
工芸 教授 原山 健一 陶による造形表現