@list_teacher_国語教育専修 国語教育専修 - 奈良教育大学

国語教育専修 教育学部

大学基金
大 学
基 金
奈良教育大学基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
研究シーズ集
研 究
シ ー
ズ 集
研究シーズ集
学部・大学院

日本語による豊かな言語文化を背景に、児童・生徒の日本語運用能力を高めることのできる教師を育てます。

学びのポイント

  • 1 .発達段階に応じた日本語運用力の育成

    国語教育専修では小学校教諭一種免許と中学校教諭一種免許(国語)、加えて必要単位を履修すれば、高等学校一種免許(国語)を取得できます。
    成長とともに大きく変化する子どもたちの国語力に対応しながら、無限の可能性を秘めた子どもたちの国語力を最大限に引き出せる教師を目指します。

  • 2 .少人数・実践重視の授業

    授業では個人やグループでの発表を多く取り入れ、活発な議論が行われます。少人数であるため自然と発言・発表の機会が増え、教員からもきめ細かな指導を受けることができます。また、地元奈良や周辺のフィールドを生かした学外での研修も積極的に行っています。

  • 3 .先輩達との交流の場・国文学会

     国語教育専修は、教員、学生、大学院生そして卒業生とが一体となって奈良教育大学国文学会を組織し、研究発表会の開催、機関誌 『国文─研究と教育』の刊行を行っています。現場に出た卒業生の研究発表や教育実践報告も行われ、先輩から直接に学ぶことができます。何より人間的なつながりを大切にしています。

学びの領域

日本語を教えるプロになる上で学ぶ3つの領域

ことば・文学・教育の3領域から構成されるカリキュラム。2年までに各領域の基礎を学び、3年以降は各自が専門領域に選んだ研究室で学びを深め、その成果を卒業論文にまとめます。

国語教育専修の授業について

 

  MON TUE WED THU FRI 集中講義
1・2時限     国語科教育学演習I 教育実習・事前指導 計算機と暗号  
3・4時限 書道(書写を中心とする) 特別支援教育論 中等教科教育法I(情報) 教育実習・事前指導 コンピュータ情報処理  
5・6時限

 

日本語学研究I   中等教科教育法III(国語)    
7・8時限 子どもと教育     近代文学研究    
9・10時限 国語科教育学研究II          

3回生前期の一例

  • 日本語学研究I

    日本語学の基礎について学び、国語科教材の作成について考えることができます。

  • 国語科教育学研究I

    国語科教育の内容や方法を学び、今日の国語科教育における教材開発の観点や方法について考える授業です。

  • 国語科教育学演習I

    国語科教育の基礎理論を学び、卒業論文に必要な研究発表能力を身につけるゼミ形式の授業です。

  • 中等教科教育法I(国語)

    中学校の国語科教員として求められる基礎的知識や技能を学ぶ授業です。

主な開講科目

初等教科教育法(国語)/日本文学概説II/日本語学概説II/日本文学史(古典)/中等教科教育法II(国語)/近代文学研究/漢文学研究/古典文学演習I/国語科教育学演習II/小学校国語/日本語学研究I

授業の詳細はシラバスからご覧いただけます。「教育学部 シラバス」から科目名を検索のうえ、ご覧ください。

~教員による授業の紹介コラム~

日本語学概説I(音声言語を含む。)前田広幸先生(奈良教育大学Knowledge授業コラム2022年掲載)

国語教育専修1・2回生が受講する必修科目(前期)、また、中学校・高等学校(国語)免許取得者が受講する必須科目である「日本語学概説I(音声言語を含む。)」について紹介します。

 

在学生の声

「国語を学びあい、ともに成長する」国語教育専修4回生 稲田駿作さん

国語教育専修では、国語科教育に関することはもちろん、近代文学、古典文学、漢文学、日本語学といった専門的な知識や技術を習得するための多彩な授業が用意されています。また、3回生になると自身の興味のある分野の研究室に所属して、学びを深めていきます。さらに国語教育専修では、授業やゼミ以外に、卒論発表会や国文学会といった学びの場が用意されており、学生それぞれが知見を広げることに大きく役立っています。

教育現場での指導経験のある先生方がたくさんおられ、教育実習を行う時や教職を目指すに当たって、さまざまな相談に乗ってくださいます。このことは大きな魅力だと思います。

 ぜひ私たちとともに充実した大学生活を送りましょう。

教育実習体験記

教育実習体験記はこちら 

学生による国語教育専修PR動画

2021年度作成(※所属や内容は作成当時のものです。)

取得できる免許状、卒業後の進路

取得できる免許状

・〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等
・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(国語) 等

国語教育専修の卒業生の教員免許状の取得実績はこちら

卒業後の主な進路

例年卒業生の多くは、小学校、中学校、高等学校の教員として就職しています。その他の進路は、一般企業への就職、大学院進学などがあります。

教員採用試験合格体験談はこちら 

 

教員および専門分野

教員の研究・研究室の紹介

教員の研究内容や研究室などについて、広報誌等で紹介した記事をご覧ください。※所属および記事の内容は、作成当時のものです。

教員の研究内容をもっと知りたい方は、下記表の教員氏名をクリックし、教員個人ページ内の「研究シーズ」をご覧ください。また、「研究シーズ」一覧からもご覧いただけます。「研究シーズ」とは教員の研究内容をA4一枚にまとめたものです。(WEBからお読みいただけます)
奈良教育大学 大学教員「研究シーズ」一覧はこちら

分野 職名 氏名 研究テーマ
国語教育専修
国語科教育 教授 棚橋 尚子 漢字・語彙指導の実証的研究、国語科教育におけるイメージの研究
国語科教育 特任准教授 植西 浩一 感性を磨き判断する力を培う授業づくり、対話力を育む学習指導
国語学 教授 前田 広幸 日本語音声・音韻の研究
国文学 准教授 有馬 義貴 平安時代の文学(特に『源氏物語』 などの物語文学)、古典教育
国文学(近代文学) 准教授 牧 千夏 日本近代文学、地方文芸同人誌、宮沢賢治
漢文学 教授 橋本 昭典 中国思想、日本漢文学
国語学 専任講師 山田 実樹 日本語学(近代語、児童雑誌・国定教科書を中心とした語彙研究)